Nanoform250 ultra・Nanoform700 ultra

Nanoform®X

概要

非球面レンズ金型のような高精度な製品を要求される加工に対して高い性能を発揮します。

*油静圧摺動面 リニアモーター駆動
*高分解能制御 0.016nmフィードバック分解能
*4000mm/min軸駆動速度(最大)
*スピンドル最高回転速度18000rpm (HS75使用時)
*加工後形状誤差0.1um以下(弊社検収サンプル加工時)
*Ra1nm以下の加工後表面粗さ
(弊社検収サンプル加工時)

装置の特長

特長1 高精度な加工後表面粗さ

無電解ニッケル表面を推奨加工条件で加工した際の加工結果で1.0nmSa以下を達成。サンプル加工表面粗さの大幅な改善が可能です。

特長2 16pm(ピコメートル)の高いフィードバック分解能

業界最高レベル16pmピコメートルフィードバック分解能が、高い表面粗さ精度に大きく貢献。

特長3 高性能ワークスピンドル(HS150/HS75))

HS75は最高回転数18,000rpmを実現。生産プロセスにおける大幅な時間短縮が可能です。またHS150は、軸回転精度15nm以下を実現。さらに高品質な製品加工が期待できます。

特長4 使いやすいユーザーインターフェース

弊社ユーザーインターフェース『UPX』はシンプルかつタッチパネルによる直感的な操作が可能。64bitPC+リアルタイムOSによる高速処理にて最大2000ライン/secのNC制御が可能。

機能・詳細

『UPx』ユーザーインターフェイス

  • ・ツールパス表示機能
  • ・リアルタイムモニタリング機能  (フォローイングエラー、FFT解析)
  • ・スピンドルバランス解析機能
  • ・最大2000ライン/secの高速演算処理
  • ・電気マイクロメータ内蔵

工具情報登録用オプチカルツールセッター

  • ・光学式ビデオツールセットステーションの使用にて、加工段取り時間の大幅な短縮が可能。
  • ・ビデオモニターはユーザーインターフェース「UPx」に内蔵
  • ・UPxソフトウエアによる簡単な工具情報の登録が可能(9本まで登録可能)。

オプション

HydroRound B軸(ロータリーテーブル)・C軸(スピンドル割出軸)

B軸を追加することにより、ダイヤモンドツールの定点加工が可能。工具寿命を大きく改善することが可能となります。また、バーチャルセンター機能を併用すれば飛躍的に段取り時間を削減できます。

C軸を追加することにより自由曲面の加工が可能になります。(スローツールサーボ加工)
また、ACT(Adaptive Control Technology)をさらに追加することにより、自由曲面の加工精度を大きく向上させることが可能です。

DIFFSYS(超精密加工用プログラム作成支援CAMソフト)

  • ・使いやすいユーザーインターフェイス
  • ・球面・非球面からあらゆる自由曲面まで対応
  • ・速度・加速度のシミュレーション計算可能。
    スローツールサーボ加工に大きく貢献。

FastCom(ファストツールサーボユニット)

  • ・レンズアレイ・マイクロパターン作成の大幅な時間短縮が可能
  • ・最大30Gまでの駆動に対応。
  • ・専用ソフトFastComFTSによる簡単操作。プログラム確認も可能。

可能な加工プロセス

  • 2軸(XZ軸)コンタリング加工
  • 3軸(XZB軸)法線制御(ツールノーマル)コンタリング加工
  • 高速仕上げ加工(赤外線レンズ向け)
  • 3軸(XZC軸)スローツールサーボ(STS)自由曲面加工
  • マイクロミーリング加工
  • 高スループット生産プロセス

事例

ディフラクティブ形状のダイヤモンド切削
FastCom(ファストツールサーボ)によるレンズアレイ加工

C軸割出を使用したダイヤモンド切削+ミーリング加工

仕様

フィードバック分解能 0.016nm
スライドフルストローク 220mm
最大送り速度 4,000mm/min
最大回転直径 250mm
222mm(B軸使用時)
最大負荷荷重 HS-150=85kg
HS-75=27kg
スピンドル最高回転速度 HS-150=10,000rpm
HS-75=18,000rpm

製品一覧に戻る

ページの先頭へ

Nanoform® 700 ultra

概要

宇宙開発用大口径ミラーに代表される大型かつ高精度な製品に対し、広い加工範囲と長いストロークにて適応が可能。目的に応じて5軸までの軸構成が可能で、高負荷用スピンドルの搭載も可能です。

*高分解能制御 0.032nmフィードバック分解能
*スピンドル耐荷重量102kg(HD-160使用時)
*加工後形状誤差0.1um以下
(75mm直径254mm半径サンプル加工時)
*Ra1nm以下の加工後表面粗さを達成
(無電解ニッケル加工時)

装置の特長

特長1 加工表面粗さ1nmSa以下の加工が可能

無電解ニッケル表面を推奨加工条件で加工した際の加工結果で1nmSa以下を達成。サンプル加工表面粗さの大幅な改善が可能です。

特長2 0.032nm(32ピコメートル)の高いフィードバック分解能

業界最高レベル32pm(ピコメートル)のフィードバック分解能が、高い表面粗さ精度に大きく貢献

特長3 使いやすいユーザーインターフェース

64bitPCにてリアルタイムOS(RTOS)QNXを採用。フルクローズドサーボコントロールにおけるタクトタイムを大幅に短縮。最大2000行/secのNCデータ処理を可能にします。

特長4 高パフォーマンスワークスピンドル(SP-150/HD-160)

HD-160ヘビーデューティースピンドル使用にて、大型で重量のある加工ワークにも十分に適応。加工時のスピンドルへの負荷に対する不安は無くなります。またHS150標準スピンドルは、軸回転精度15nm以下を実現し、さらに高品質な製品加工が期待できます。

機能・詳細

『UPx』ユーザーインターフェイス

  • ・ツールパス表示機能
  • ・リアルタイムモニタリング機能(フォローイングエラー、FFT解析)
  • ・スピンドルバランス解析機能
  • ・最大2000ライン/secの高速演算処理
  • ・電気マイクロメータ内蔵

工具情報登録用オプチカルツールセッター

  • ・光学式ビデオツールセットステーションの使用にて、加工段取り時間の大幅な短縮が可能。
  • ・ビデオモニターはユーザーインターフェース「UPx」に内蔵
  • ・UPxソフトウエアによる簡単な工具情報の登録が可能(9本まで登録可能)。

オプション

HydroRound B軸(ロータリーテーブル)・C軸(スピンドル割出軸)

B軸を追加することにより、ダイヤモンドツールの定点加工が可能。工具寿命を大きく改善することが可能となります。また、バーチャルセンター機能を併用すれば飛躍的に段取り時間を削減できます。

C軸を追加することにより自由曲面の加工が可能になります。(スローツールサーボ加工)
また、ACT(Adaptive Control Technology)をさらに追加することにより、自由曲面の加工精度を大きく向上させることが可能です。

DIFFSYS(超精密加工用プログラム作成支援CAMソフト)

  • ・使いやすいユーザーインターフェイス
  • ・球面・非球面からあらゆる自由曲面まで対応
  • ・速度・加速度のシミュレーション計算可能。
    スローツールサーボ加工に大きく貢献。

HD-160 (大型ワーク用高負荷対応スピンドル)

  • ・最大負荷102kg。大型のサンプルおよび治具の保持も安心
  • ・最大スピンドル回転数5000rpm
  • ・C軸搭載可能。大型自由曲面もスローツールサーボ加工で対応可能。

可能な加工プロセス

  • 2軸(XZ軸)コンタリング加工
  • 3軸(XZB軸)法線制御(ツールノーマル)コンタリング加工
  • 高速仕上げ加工(赤外線レンズ向け)
  • 3軸(XZC軸)スローツールサーボ(STS)自由曲面加工
  • マイクロミーリング加工
  • 高スループット生産プロセス

事例

大口径アルミニウムミラーのダイヤモンド切削加工
複数個サンプルの同時ダイヤモンド切削加工

C軸割出を使用したミーリング加工(真直度加工)

仕様

フィードバック分解能 0.032nm
スライドフルストローク 350mm
最大送り速度 4,000mm/min
最大回転半径 700mm
350mm(B軸使用時)
最大負荷荷重 HS-150=85kg
HD-160=102kg
スピンドル最高回転速度 HS-150=10,000rpm
HD-160=5,000rpm

製品一覧に戻る

ページの先頭へ

お問合せ

当社製品に関するご質問・ご相談などはお気軽にご連絡ください。TEL.03-6809-2738 受付:10:00~17:00【平日】

WEB専用お問合せフォーム

ページTOPへ