ヘッドアップ (HUD) 用金型

  • アプリケーション ヘッドアップディスプレイ用金型 +


    ゴール:ニッケルメッキ鋼材にレンズアレイを高速加工するデモ

    プロセス:Nanoform® X (Freeform L、Nanoform 700、または Nanoform L 1000) とファストツールサーボ (FTS500) を使用して、自動車ヘッドランプ光学部品成形用の非球面ニッケルメッキ金型に凹面非球面のレンズアレイを加工します。 

    FTS 詳細:
    最大加速:200 m/sec2
    移動:500 µm
    一般的な形状: < 0.3 µm PV pan>
    一般的な面粗さ: < 5 nm Ra pan>

    部品詳細:
    材料:NiP 
    サイズ: 65 x 55 mm 
    形状: 凹面非球面 

    工具詳細

    半径:0.505 mm すくい角:0° 

    加工詳細: 
    スピンドル回転速度:500 mm/min
    (定表面速度)
    回転当たりのフィード:
    4 µm/rev 
    冷却剤: OMS

    結果
    加工時間:3 時間。
    表面粗さ:1.74 nm Ra
    (0.08 mm ガウシアンフィルタ)
    表面粗さ:
    2.15 nm Ra
    (0.08 mm ガウシアンフィルタ)
    外観:
    良好な形状精度: < 1 µm PVpan>
  • イネーブリングテクノロジー:大型フレームマシン、高容量スピンドル、C 軸、適応制御技術 (ACT) +




    自動車または航空宇宙用途向けのヘッドアップディスプレイ 成形の製造を検討している場合は、Nanoform® 700 ultra または Nanoform® L 1000 が最適です。

    C 軸に HD-160 スピンドルを備えさらに適応制御技術 (ACT) を備えている場合、この用途向けにこれ以上のソリューションは現在の市場にはありません。

    HD-160 の剛性と減衰は結果として改善された表面粗さと、大型パーツや固定具向けの容量をもたらします。HD-160 の最大負荷容量は 170 Kg (375 lbs.) です。

    弊社 C 軸および0.010 arc-sec のフィードバック分解能の高分解能エンコーダー、さらにサーボ調整アルゴリズムにより、スピンドルの回転位置の制御が可能です。XZC 機械加工を使用する優れた表面粗さを備えた高精度の自由曲面形状を製造する性能が得られます。

    最終的には、弊社 が独占的に提供している適応制御技術 (ACT) は、一意の学習アルゴリズムを活用して、スピンドル位置で繰り返えされる X および Z 軸でのエラーをなくします。これにより、形状誤差を改善しつつ、スピンドル回転速度を増し、製造時間を短縮することが可能になります。

    大型で重いパーツに対応します 
    — HS 160 スピンドル

    回転非対称自由曲面形状の製造 
    — 回転 C 軸

    形状を改善し加工時間を短縮します
    — 適応制御技術 (ACT)
  • パンフレット +