Skip to content

適応制御技術

  • 概要 +


    最先端技術のさらなる進化…

    弊社は自信をもって適応制御技術 (ACT) を業界に紹介させて頂きます。


    適応状態技術としても知られる、適応制御技術は極めて重要な軍事用途のために 1970 年代に開発されました。民間用途での最初の利用は 1990 年代にディスクドライブ業界で起こりました。弊社はこのイネーブリングテクノロジーを工作機械業界で初めて採用しました。

    ACT のメリット
    • より正確な表面:
      • 従来の PID 制御よりも改善された形状精度および表面粗さ(高処理速度でも)。
      • 反復エラーは積極的にキャンセルされ、システムのノイズレベル未満にまで引き下げられます。

    • パーツ切削速度の向上とおよび生産コストの低下:
      • ACT は本質的にシステムノイズに無反応なので、大幅に変化する加工条件(スピンドル RPM の乱高下)でも同じレベルの制御精度を維持することができます。
      • ACT は固定具やワークピースの重量や形状の変化に合わせて自動的に制御システムを最適化します。

     



    • ACT とは何か? +


      ACT は適合学習、リアルタイム、クローズドループのサーボ制御システムで、Ametek Precitech UPX コントロールだけで使用できます。ACT は他のマシンツールコントローラーが使用している従来の PID 制御メソッドよりも優れています。ACT は「基礎・基本技術」であり、弊社は今後も改善、改良していく予定です。


    • ACT の動作方法 +


      ACT は通常「状態制御」と呼ばれる制御システム理論の最新技術に基づいています。「状態」という概念が ACT を理解するために非常に重要です。マシン制御ではシステムの「状態」は信号のベクトル、または相互に関連付けられたグループから構成されています。最も明らかな状態には位置や速度があります。加速などの制御性能を改善するとみなされている追加の「状態」もあります。また、軸内のモーターダイナミクスや構造モードなどを構成する「攪乱状態」(システムに作用する攪乱力の効果をキャプチャするため)および「システム状態モデル」もあります。


    • パンフレット +