オプションとアップグレード

DIFFSYS is available in several packages and options depending on the customer needs. An outline of the available options and applications is displayed below.

Every DIFFSYS purchase comes with:

  • 12 months technical support,
  • 12 months full guarantee
  • 80 page color instruction manual

CAM Supported Parts* Optional DIFFSYS Modules
Basic A
(Asphere)
Z
(Zones)
3
(3D)
MC2/MC3
(Point Clouds)
DS
(D-Shape)
LU/LU+
(Lenslets)
Flats, spheres, basic aspheres (with a single tool)          
Multi-segment aspheres            
Fresnels, diffractives            
3D flat            
3D off-axis asphere            
3D toric/biconic/cylinder            
3D polynomial freeforms            
3D using 2D multi-segments            
3D bifocal            
3D global spiral milling            
Using 2D or 3D point clouds from file            
D-Shape            
Lenslets (global spiral milling or XZC turning)            
*Support for B axis,Y axis, and local spiral milling will be available in upcoming releases
  • Basic +


    The Basic Diffsys version is included with the sale of all machines. Basic is based on Diffsys "A" version with the following features removed:

    • Multi-Segments, Basic can only do a single asphere, and cannot create any features, e.g. edge features
    • B-Axis
    • Wheel, Flycutter and Ball cutter tools, only Diamond tools are available
    • Feedrates
    • Surface increments, Basic only allows increments along the X-Axis, and not draped over the surface
    • G01/G03 commands, Basic does not allow to use these special commands for controlling the machine with curved lines between points
    • Sinewaves
    • Second Asphere
    • 2D Lenslet array
    • Converting any surface into a fresnel

    Diffsys Basic is not available for upgrades or updates.

  • DIFFSYS® "A" 非球面のみ +


    これは球面、非球面、およびマルチセグメント非球面加工の入門レベルバージョンですが、包括的なダイヤモンドツール補正、リードイン/アウトコード、サグテーブル、サイズ変更、B 軸、inch/mm、および様々なジョブファイル形式を使用することが出来ます。必要に応じて、オプションを追加できます。




    2 つの非球面セグメントがある表面



    上記と同じ表面ですが、アレイ中に反射し反復される。
  • DIFFSYS® ‘AZ’ ゾーンオプション: (回析、フレネル) +


    (お客様が'AZ'; または'AZ3’ をご購入した場合)'Z'; オプションによりお客様は回析およびフレネルのプログラムが作成できます。

    DIFFSYS® はゾーン化された表面加工時の業界標準プログラムになりました。

    DIFFSYS® はもともと回析形状加工用途で開発されましたので、弊社の専門です。現在、これらのゾーン化されたコンポーネントを説明する国際的に定義された仕様はなく、過去 10 年間にわたり、弊社は15 以上の異なるフォーマットを取り扱ってきました。幸いなことに DIFFSYS® はこれらすべてを処理できます。形状データのDIFFSYS へ入力が困難な場合、®弊社が、サポートさせて頂きます。

    回析およびフレネル...違いは何ですか?使用する光の波長に応じて、回析レンズの深さは、一般的には一定です。そのために深さは、1 ~ 5 μmとなります。フレネルレンズの深さは様々で、波長よりもかなり大きい傾向があります。以下の図をご覧ください。

    これは、DIFFSYS に設定されている数学的曲線です。同じ曲線が固定ステップ高さの回析、および可変ステップ高さのフレネルを定義するためにどのように使用することができるかをご覧ください。下のケースでは、ゾーン幅は一定です。垂直スケールは大幅に誇張されていて、通常は、回析はフレネルよりもステップ高さがもっと小さいです。曲線は方向を変え、ステップの方向も変わっていることに注意してください。
  • DIFFSYS®'A3' 3D オプション +


    スローツールおよびラスタリング

    (お客様は'A3'; または'AZ3’ のいずれかを注文しました)ラスターフライカッターまたは「スロー/ファストツールサーボ」のいずれかにより、超精密軸外し非球面、トーリック、シリンダー、および自由曲面を作成します。数多くの機能とオプション。
    このバージョンは 2D 非球面のみで使用できる機能も含んでいます。

    DIFFSYS には 2 つの 3D加工モードがあります:

    XYZ ラスターフライカッター/フライス加工
    Y 軸アタッチメントを使用して、標準の「ジグザグ」ラスター加工または XYZ スパイラル加工のいずれかでフライカットできます。円形または長方形いずれかの表面を選択してください。

    CXZ (すぱいらる)ツールサーボ
    これは最も一般的な方法で、コード化されたスピンドルが必要です。既存の XZ 軸加工機を「スローツールサーボ」モードで使用するか、あるいは「ファストツールサーボ」アタッチメントを取り付けるかのいずれかです。


    軸外非球面のスパイラル XYZ フライカット

    軸外非球面のスパイラル CXZ スローツールサーボ
  • DIFFSYS®'AZ3'; 3D オプション 3d: 表面、自由曲面 +


    上記で、DIFFSYS と使用できる 3D ツーリング構成について説明しました®。
    これは弊社が現在、加工できる 3D 表面のタイプです:

    • 軸外非球面
    • アトーリック面、アシリンダー面(様々な異なるタイプ)
    • 多項式自由曲面
    • マイクロレンズアレイ


    正弦波アレイ X と Y 傾斜およびオフセットは複数の表面で利用可能です。


    アトーリック CXZ (スパイラル)、研磨振動あり

    軸外非球面 CXZ (スパイラル)、研磨振動あり

    アシリンダー XYZ (ラスター)
  • DIFFSYS®'MC2'; オプション +


    DIFFSYS®'MC2'; オプション : 2D インポートデータおよび測定

    Taylor Hobson Talysurf は、非球面形状を測定できる高性能な測定機の一つです。DIFFSYS MC2 オプションは Talysurf ファイル(バイナリまたは ASCII)を使用して加工に必要なサブミクロンレベルのプログラム補正が可能です。

    お客様は測定ファイルを選択するだけで、あとは DIFFSYS が残りのプログラム補正を行います。あるいは、画像表示させたデータを手動で補正する複数の機能もあります。折りたたむ、反転、スムージングおよびオフセット。

    新:複数のファイル - 任意の数の連続する測定を一緒に保存し追加することができるので、鋳型補正に適しています。ハイブリッド回析 - ベースカーブの測定を使用して最終的な回折切削加工プログラムを補正します。3D - 1 つまたは 2 つの 2D 測定を使用して 3D 表面のプログラムを補正します。未加工の測定をインポートし、スムージングすることで表面を複製します。

    DIFFSYS は他のソースからのほとんどのタイプの XZ データを読込むこともできます。サンプルをお送りください。
    Talysurf については、www.taylor-hobson.com をご覧ください。

    生データ(折りたたまれていない)のデ表示。中心点は自動的に見つかります。

    20% スムージングした同じファイル。
  • DIFFSYS®'MC3'; オプション +


    MC3 オプションを使用して、任意の XYZ ASCII データをインポートして鏡面を作成することが可能です。通常、お客様は 2000-3000 ポイントだけをインポートします。実際、わずか 20 ポイントだけで完璧で滑らかなな表面を作成することが可能です。DIFFSYS® は表面に精密な3D 「スプライン」スムージングを行います。

    CAD データをインポートして表面を作成するか、または測定データをインポートして 3D 表面を補正できます。

    図は 3D 補正をするために DIFFSYS にインポートされた 3D プローブ測定を示しています。

  • アップグレード +


    オプション MC2:2D 測定補正 - Talysurf を含む
    このオプション(上記のうち 1 つが必要)によりユーザーは 2D 測定装置で非球面を測定し、そのデータを DIFFSYS® に入力して補正を行うことが可能になります。これは Taylor Hobson Talysurf ファイル、および ZX ASCII データを出力する任意の装置と互換性があります。複数の測定を一緒に追加することが可能で、特定の限定された補正を回析/フレネル および 3D 表面で行うことが可能です。

    オプション MC3:3D 測定補正および CAD インポート
    (A3 または AZ3 が必要)MC2、PLUS として:任意の 3D XYZ ASCII CAD データまたは 3D 測定データをインポートします。3D スプラインスムージング機能。インポート可能なフォーマットの詳細はお問合せください。

    Z をアップグレード:「A」または「A3」をアップグレードしてゾーンを含める(回析およびフレネル)

    3D をアップグレード:「A」または「AZ」をアップグレードして 3D を含める

    MC+ をアップグレード:MC2 を MC3 にアップグレード
    UP を更新:最新バージョンにアップグレードする事は 12 ヶ月のテクニカルサポートが含まれます