スチール製鋳型の超音波振動援用切削加工

  • 用途:スチール製鋳型インサートの超音波振動援用加工 +


    材料:硬化鋼 52 HRC 

    直径: 30 mm 

    奥行: 7 mm 

    表面粗さ: 1.1 nm Ra

    形状精度:
    61 nm PV
    超音波振動援用切削加工
  • イネーブリングテクノロジー Nanoform X、son-X 超音波ツールポスト搭載 +


    多くの自動車成形用途では、耐熱性と硬度を備えたスチールを使用することが有益です。Son-x 超音波ツールポスト付きの Nanoform X は 2 nm Ra 未満の表面粗さと 200 nm PV 未満の形状精度でスチール製鋳型を直接加工できます。スチールの切削時のダイヤモンド工具の摩耗は、鋳型材料として使用するには困難です。超音波ツールポストでは、工具の摩耗はその他の非鉄金属に匹敵します。

    Nanoform X のドブテイルスライド設計は優れた動剛性を生じます。これにより、他のダイヤモンド切削加工機で達成できるものと比較して、son-x デバイスでは優れた表面仕上げを可能にします。



    超音波振動援用切削加工
  • 自動車産業ソリューションパンフレット +