Skip to content

特徴

設計タイプ:球面、非球面、マルチセグメント非球面、正弦波、ゾーンオプション:回析、フレネルおよびハイブリッド(ゾーンは非球面の上に重なります)3D オプション:軸外し非球面、非球面トーリック、シリンダー、多項式自由曲面。

数式:ほとんどの表面で使用されている標準非球面式で、奇数項を含む 20 項まで。必要であればさらなる項も可能。サグテーブル。「サイズ調整」は鋳型には有用で、非球面項を再計算するので、何を測定しているかが分かります。3D 多項式自由曲面はオフセットおよび傾斜を含む、標準の XnYn 数式を使用します。

回析:所定のステップ高さに基づいたゾーン直径で、microns/thou';s で入力するか、または波長、屈折率および回析次数から計算されるか、のいずれか。

フレネル:所定のゾーン数に基づいたステップ高さ。最大ステップ高さが表示されます。

ゾーン計算:ゾーン曲率式には制約はありません。設計できるのであれば、ステップ方向の変更は自由に可能です。

ツールタイプおよびモード:ダイヤモンドフライカッター、または工具なし(表面データのみ);XZ、または XZB B 軸モード。3D CXZ スローツールサーボまたは XYZ フライカッター - 「ジグザグ」ラスターまたは XYZ らせん。

工具補正:ダイヤモンド - 円形、楕円形、平坦工具;工具方向を選択、平坦角度およびオフセット、傾斜およびすくい角。

フライカッター: 横軸ダイヤモンド半径用に補正 - 選択可能な精度、1 ナノメートルより良好、または 0.01nm より良好(計算に 2 倍かかります)。

エッジリードイン:
水平、または表面に対して正接、または選択可能な面取り角度。

グラフィック:幅広い便利なオプション;高分解能プリントアウト。ジョブファイルセットアップ:プロログおよびエピログファイル、エッジから中心 / 中心からエッジ、スピンドル方向。

ジョブファイルフォーマット: 任意の CNC マシンでは、「PGM」フォーマットと Optoform® 「JFL」フォーマット。御社が必要な任意のフォーマットで書きだします。

インチ/mm:2 つのPC間を容易に切り替えます。

PC要件:Windows XP 以降、Pentium 300MHz 以上、ディスク容量 - プログラミングには最低 30MB、PC メモリ - 1GB 以上、ドングル用 USB ポート、CD または DVD-Rom ドライブ