多軸式超精密加工機 - Nanoform® 700 ultra

多軸式超精密加工機 - Nanoform 700 ultra
  • 概要 +


    超精密大型加工機の汎用性と超精密小型加工機の高精度加工性能が必要な場合、、Nanoform 700 ultra はまさにお客様に最も適している加工機です。

    • 業界最高レベルのワーク回転径と負荷容量
    • 最大 700 mm のパーツを製造する柔軟性350 mm の X 軸移動と 170 kg (375 lbs) の最大負荷容量
    • 5X 向上した温度安定性 HS 150 スピンドル
    • 内蔵 したTMC MaxDamp除振台により振動による加工精度の影響が少ないです。
    • 業界最高レベルの面粗さSa 1 nm 未満の超精密小型加工機に匹敵する性能
    Nanoform® 700 ultra は 、業界最高レベルの面粗さSa 1nm以下で加工可能です。700 mmのワーク回転径とオプションで負荷容量170kgの ヘビーデューティー用スピンドルで、超精密加工を可能にします。

    Nanoform 700 ultra は光学レンズ、光学成形インサート、鏡および超精密機械部品の製造用に設計されています。この加工機は 2 ~ 4 軸の構成が可能で、球面、非球面および自由曲面形状の加工がが可能です。
  • 主な仕様 +


    ターニング:表面粗さ < 1 nm Sa

    性能
    形状精度 < 0.125 µm P-V

    プログラミング解像度:
    0.01 nm 直線軸 / 0.0000001° 割出軸

    最大負荷容量:HS 150 - 136 kg (300 lbs) @100 PSI, HD 160 - 170 kg (375 lbs) @100 PSI

    ワーク回転径:
    700 mm (27.5") 直径、オプションのライザーを使用すると最大 900 mm (35.4") まで

     
  • プロセス容量 +


    • 2 軸 X-Z軸での 輪郭切削加工
    • 3 軸 X-Z-B軸での 工具法線輪郭切削加工
    • 高速仕上(赤外線レンズ)
    • 3 軸 自由曲面 X-Z-C スローツールサーボ輪郭削り
    • マイクロフライス加工
    • 4 軸 X-Z-C-W 自由曲面 ファストツールサーボ輪郭削り


  • 技術仕様 +


    加工機ベースおよび制御 詳細
    加工機のベース 防塵処理済の天然グラナイト製定盤は長期に渡って加工機を安定して使用できます。
    加工機の種類 2~4軸のCNC超精密加工機
    除振 自動レベリング機能付エア式除振台(オプションの PEPS® II-VX アクティブ式除振機能も利用可能)
    制御システム UPx™ 制御システム、オプションでAdaptive Control Technology (適応制御機能)も使用可能
    オペレーティングシステム QNX リアルタイムオペレーティングシステム
    プログラミング分解能 0.01 nm 直線軸 / 0.0000001° 割出軸
    ファイル転送 USB、CD-RW、イーサネット
    性能 表面粗さ < 1.0 nm Sa, Form Accuracy < 0.125 µm P-V

    油静圧直線軸 詳細
    タイプ 対称にリニアモーターを設置し、且つ液冷式冷却システムを搭載した油静圧軸受け直線軸
    移動 X:350 mm (13.8 in.) Z: 300 mm (11.8 in.)
    最高送り速度 3000 mm/min.(118 in./min.)
    駆動方式 3 つの直線軸全てで使用されているリニアモーター
    位置フィードバック分解能 8 pm (0.008 nm)
    真直度水平 / 垂直 X 軸:0.30 µm (12 µin.) / 0.75 µm (30 µin.フルストローク
    Z 軸:0.30 µm (12 µin.) / 0.75 µm (30 µin.) フルストローク
    油静圧供給システム Hydro-7 スマートサーボ制御、低脈動ポンプ、オプションの温度制御

    空気軸受けワークスピンドル 頑丈な HD-160 スピンドル 高性能 HS 150 スピンドル
    空気軸受けタイプ スロットタイプスラスト軸受 スロットタイプスラスト軸受
    材料 スチール製シャフト/青銅製ジャーナル スチール製シャフト/青銅製ジャーナル
    標準ワークサイズ 700 mm (27.5 in.) 直径
    350 mm (13.7 in.) オプションの B 軸全体
    700 mm (27.5 in.) 直径
    350 mm (13.7 in.) オプションの B 軸全体
    モーター 完全ブラシレスモーター 完全ブラシレスモーター
    最大負荷容量 170 kg (375 lbs) @100 PSI
    256 kg (564 lbs) @150 PSI
    136 kg (300 lbs) @100 PSI
    204 kg (450 lbs) @150 PSI
    軸剛性 350 N/µm (2,000,000 lbs./in.) 230 N/µm (1,314,000 lbs./in.)
    半径方向剛性 175 N/µm (1,000,000 lbs./in.) 130 N/µm (743,600 lbs./in.)
    動作精度 軸方向/半径方向 ≤ 25 nm (1 µin.) 軸方向/半径方向 ≤ 15 nm (0.6 µin.)
    温調機 液体冷却器 +/- 0.1C 精度 液体冷却器 +/- 0.1C 精度
    C 軸フィードバック分解能 0.010 arc-sec 16,200 リニアエンコーダー
    0.018 arc-sec 9,000 リニアエンコーダーが利用可能)
    0.010 arc-sec 16,200 リニアエンコーダー
    0.018 arc-sec 9,000 リニアエンコーダーが利用可能)
    C 軸位置精度 +/- 1 arc-sec +/- 1 arc-sec
    C 軸最大速度 2,000 RPM (9,000 リニアエンコーダーでは 4,000 RPM) 2,000 RPM (9,000 リニアエンコーダーでは 4,000 RPM)
    ワーク用スピンドル最大速度 5,000 RPM 10,000 RPM

    回転 B 軸 HydroRound II Rotary B 軸、Hydrolock 付き
    タイプ 特許取得済の自動補正油静圧軸受け、Bi-conic、内蔵電動機ブラシレス DC モーター
    材料 高合金スチール
    テーブルサイズ 380 mm (15 in.)
    最高速度 10 RPM
    ハイドロロック保持トルク > 108 N-m / 80 ft-lb
    位置フィードバック分解能 003 arc-sec
    半径方向エラーモーション 0.10 µm (4 µin.) @ ツール高さ(卓上で6.9 in)でオプションのエラーマッピングで改善可能
    軸方向エラーモーション 0.10 µm (4 µin.)
    コーニングエラー 1.0 µm /(1.0 µin.)
    半径方向剛性 525 N/µm (3,000,000 lbs/in.)
    軸剛性 875 N/µm (5,000,000 lbs/in.)
    モーメント剛性 17 N-m/µrad (150 lbs.-in./µrad)

    高速フライス加工/研削スピンドル SP75FF スピンドル Levicron社製 高速フライス加工スピンドル
    使用エア圧 690 KPA (100 PSI) 610 KPA (88 PSI)
    エア消費量 50 l/m (1.7 SCFM) 70 l/m (2.5 SCFM)
    半径方向荷重容量 32 kg (70 lbs) 最大負荷容量 29 kg (65 lbs) 最大
    軸剛性 70 N/µm (400,000 lbs/in.) 50 N/µm (285,000 lbs/in.)
    半径方向剛性 22 N/µm (125,000 lbs/in.) 35 N/µm (200,000 lbs/in.)
    軸方向エラーモーション < 0.05 µm (2 µin.)pan> < 30 nm asynchronouspan>
    半径方向エラーモーション < 0.05 µm (2 µin.)pan> < 3 nm asynchronouspan>
    最高速度 15,000 RPM 80,000 RPM (60k RPM モデルでは剛性は 50% 増加



    施設の要件  
    208 +/- 10%または230 +/- 10%VAC-3.0 KVA 1相-50 / 60Hz
    空気の供給 標準:12 SCFM @ 100 PSIG
    床面積 1437 mm x 1930 mm x 2043 mm(57インチx 76インチx 80インチ)
  • Nanoform® 700 ultra – 標準機能 +

    • 天然グラナイト製定盤 – Nanoform 700 ultra
      • 天然グラナイト製定盤が 弊社 で粗研磨し、長く使用できるよう密封します。X 軸用ライザーも天然グラナイトです。グラナイトは加工機定盤長期的な安定性を提供するので、真直度と直角度は時間がたっても歪みません。
    • 空圧除振システム – Nanoform 700 ultra
      • デュアルチャンバー、自動レベリング、パッシブ式除振台を加工機に使用しています。これらは床からの振動に対し、効果的に除振できます。
    • 油流体静力学マシンスライド
      • マシンスライドは、油静圧軸受け、非接触リニアモーター、および非接触エンコーダーフィードバックの使用により、非接触です。このようにして、スティックスリップ摩擦がないので、ナノメートル増幅の動作が可能になります。
    • 空気軸受け HD-160 ワークスピンドル – Nanoform 700 ultra
      • HD-160 は 弊社 製の頑丈なワークスピンドルで、50 nmの軸方向および半径方向エラーモーション、102kg の半径方向負荷容量です。速度制御は最高 5,000 RPM までの可変、クローズドループ、および双方向です。この空気軸受けスピンドルは硬化ステンレススチール製のシャフトと、軸受け青銅製ジャーナルで作られています。。これらの材質を使用することにより耐久性のあるスピンドルが出来、長期間メンテナンスや修理が不要です。DC ブラシレスモーターがシャフトに一体化され、速度フィードバックエンコーダーや C 軸位置エンコーダーも同様に一体化しています。モーターのハウジングと軸受けのハウジング両方に、温度安定性を向上する為に、冷却用回路が備わっています。。空気軸受けを通じて供給される真空またはエア、または固定用スピンドルの前面にも配管があります。
    • 空気軸受け SP-150 ワークスピンドル
      • 空気軸受け SP-150 ワークスピンドル SP-150 は 弊社 製の高精度のワーク維持スピンドルで、15 nmの軸方向および半径方向エラーモーションを備えています。速度制御は最高 7,000 RPM までの可変調整可能、クローズドループ、および双方向です。この空気軸受けスピンドルは硬化ステンレススチール製のシャフトと、軸受け青銅製ジャーナルで作られています。。これらの材料を使用することにより耐久性のあるスピンドルが出来、長期間メンテナンスや修理が不要です。DC ブラシレスモーターがシャフトに一体化され、速度フィードバックエンコーダーや C 軸位置エンコーダーも同様に一体化しています。モーターのハウジングと軸受けのハウジング両方に、温度安定性を向上する為に、冷却用回路が備わっています。。空気軸受けを通じて供給される真空または気圧、または固定用スピンドルの前面にも管があります。8” 真空チャック付きの最高速度は 5000 rpm です。
    • 空気軸受け HS-75 ワークスピンドル
      • HS-75 は 弊社 の高速ワークスピンドルで、軸方向エラーは 20nm、半径方向エラーは 25nm です。 速度制御は最高 18,000 RPM までの調整可能、クローズドループ、および双方向です。この空気軸受けスピンドルは硬化ステンレススチール製のシャフトと、軸受け青銅製ジャーナルで作られています。。これらの材質を使用することにより耐久性のあるスピンドルが出来、長期間メンテナンスや修理が不要です。DC ブラシレスモーターがシャフトに一体化され、速度フィードバックエンコーダーや C 軸位置エンコーダーも同様に一体化しています。モーターのハウジングと軸受けのハウジング両方に、温度安定性を向上する為に、冷却用回路が備わっています。。このスピンドルには固定具用にスピンドルの前面に供給される真空または気圧向けの取り外し可能で洗浄可能な開口部があります。真空チャック付きの HS75 の最高速度は 10,000rpm です。
    • ワークピース均衡ソフトウェア
      • バランスモードで、マシンコントローラーはスピンドルの回転と同期したタイミングでスライドの攪乱動作を試します。これらの動作の形状は正弦関数で、スピンドルの回転周波数で発生するので、簡単に認識できノイズを除くことができます。スピンドルが停止した時に、不均衡な位置がオペレーターにわかるように、振幅はスピンドル位置に関連付けられます。オペレーターは適切な重量を取り付けるための適切な場所に案内されます。
    • Upx マシンコントローラー
      • この制御盤は 弊社 により特に超精密旋盤とマシンツール用途向けに開発されました。切削結果を達成するための高度なアプリケーションのカスタマイズ化と MTF 診断を備えた QNX 64 ビットオペレーティングシステム。
    • 電気的安全
      • 電気部品やパネルは安全を重視して、設計しています。加工機内部の電気回路に、直接指が触れるような箇所はありません。加工機は外部機関によって検査され、CE マークに適合しています。
    • スプレーミストシステム
      • ダイヤモンド切削工程の冷却と潤滑のために、最小限の量の潤滑剤を使用します。選択した潤滑剤は Odorless Mineral Spirits (OMS) です。これは、潤滑剤の量が少なくなると、簡単にわかるように低い位置にタンクを取付けています。。潤滑剤は重力によりタンクから供給されます。スプレーミストがマシンコントローラー(M コード)によりオンになっている場合、気圧インジケーターが緑色になり、スプレーミストがアクティブであることを示します。オペレーターは空気および潤滑剤のバルブ制御を切り替えますが、スプレーミストが機能するにはオンにする必要があります。ノズルからの気圧が真空ベンチュリ効果により潤滑剤を引き出し、潤滑剤をパーツに噴霧します。オペレーターにはノズルに流入する空気および潤滑剤(別々)を調整するためのニードル弁を制御できます。スプレーミストがオフになっていると、潤滑剤ラインのバルブがノズルから潤滑剤が滴下するのを防ぎ、潤滑剤がラインに逆流するのを防ぐので、その後再度オンにすると、スプレーミストの噴射が遅れます。
    • マシン筐体 – Nanoform 700 ultra
      • 加工機にはオペレーターの安全を確保する為に、加工部上部を完全に覆う筐体を取付けています。。加工中はスライド式の前面ドアは閉じてロックされ、オペレーターが中に入ることは出来ないので、安全です加工機内部の照明は密閉型蛍光灯照明器具を使用しています。修理やクリーニングのためにアクセスドアパネルが加工機の全側面にあります。
  • Nanoform® 700 ultra – オプション機能 +

    • 両方の世界の最高
      • 両方の世界の最高 操作盤では、Windowsインタフェースを利用して、加工プログラムを作成でき、 DIFFSYS 2D ベーシックも利用できます。加工中にヘッドホンとカメラがついた操作盤から Skypeを使用して、カスタマーサポートをうけることが出来ます。Windows コンピューターは、操作盤で Windows 互換のソフトウェアを使用できます。
    • 弊社 パーツ中央よせアクセサリ
      • 弊社 パーツ中央よせアクセサリ 弊社 パーツセンタリングユニットは自動でパーツを加工機中心に合わせることが出来ます。これはスピンドル軸に対するワークOD 同心度を自動的に測定し、ワークが整列するように自動的にワークを移動します。 ワークがユーザー設定可能な調整許容度内の中心に来ると、PCA ルーチンが自動的にワーク加工プログラムに渡され、ワークを機械加工します。要件:一つのオープンな IGA 測定、中心に置かれたワークが真空でチャックまたは固定されている、一つのオープンツールホルダー位置が T 字型スロットプレートにあること。PCA は 弊社 が Automation Series マシンの一部として提供している生産性向けアクセサリの一つで、2.5 μm (100 ミクロインチ) 偏心度未満の中心配置が可能です。
    • アルミニウム真空チャック
      • アルミニウム真空チャック SP-150 用 200mm のアルミニウム製真空チャックSP-150 用 100mmの アルミニウム製真空チャックSP-150 用 150mm の防水真空チャック。 ダイヤモンド切削加工用ワークを負荷がかからない状態で、困難です。これらの真空チャックには、ダイヤモンド切削加工できる平坦な面があります。これにより、固定するための完璧に近い平坦面が得られます。真空チャックは、ワークまたは固定治具の背面も平坦であれば、ワークに負荷を与えません。真空領域の直径は、固定治具の直径に合うように調整可能です。仮の位置決めや安全のために中央のだぼピンも付いています。真空状態は停電や安全の非常停止をしても維持されますが、加工機へのエア圧がなくなると真空状態は維持出来ません。
    • ワークスピンドルとスライド用冷却器
      • ワークスピンドルとスライド用冷却器 加工機とスピンドルの温度を安定させるためにクローズドループの液冷チラーが使用されます。これは加工機とは別に電源供給され、加工機制御から独立して動作します。1400 Wの容量では、様々な電圧および周波数を利用できます。一台の液冷チラーは、最大 2 台のダイヤモンド切削加工機、または研削スピンドル付きの加工機 1 台に使用できます。両直線軸とワークスピンドルの温度を安定させるために、冷却液も直線軸内部にも循環しています。
    • C 軸エンコーダー、スローツールサーボおよび FTS 出力付き
      • C 軸エンコーダー、スローツールサーボおよび FTS 出力付き C 軸オプションにはスローツールサーボソフトウェア、ワークスピンドルに取り付けられた高分解能エンコーダー、FTS が使用するエンコーダー出力が含まれます。スローツールサーボ ( STS) は大型の自由曲面部品の高速加工に使用されます。ツールホルダーを C 軸スピンドルの回転と同期して作動するには、加工機の直線軸の性能に依存します。FTS とは異なり、STS のツール位置は加工機の 3 軸座標として事前に計算され指示されます。
    • 回転 CNC 油軸受け B 軸 – Nanoform 700 ultra
      • 回転 B 軸は直接ドライブの、油静圧軸受けで、内蔵の高分解能エンコーダー、ブレーキ、オプションの制限スイッチおよびオプションのハードストップを搭載しています。回転 B 軸オプションにより、ツール垂線モードでの超精密加工が可能になり、それにより非波形制御ダイヤモンド工具、またはより高い湾曲コンポーネントの使用が可能になります。これは回析レンズの加工に必要な工具回転も可能にします。回転 B 軸が使用されている場合、X 軸はグラナイトライザーに持ち上がり、マシンループの剛性を増します。回転が不要な場合は軸をロックすることもできます。T 字スロットプレートは、複数の工具 / 前面プローブ / Ultracomp をロックされた B 軸に沿って搭載する従来のセットアップを可能にするために利用可能です。B 軸テーブル上面のワークサイズは Nanoform 700 では直径 350 mm です。半径剛性は 525N/μm で軸剛性は 875N/μm。
    • 光学ツールセッター – Nanoform 700 ultra
      • スピンドルハウジングの上部にキネマティックマウントを使用ポータブル式ビデオマイクロスコープ。電気的照準線がスピンドルの中心線の対する工具の正確な水平位置を可能にし、工具の垂直位置は焦点面で設定されます。工具先端検査はモニターを使用して簡単にできます。システムには 20X の長焦点距離対物レンズがあり、0.24mm x 0.32mm の視野を提供します。工具を正確なツール高さの 1 μm以内に設定できます。
    • 内蔵ゲージヘッド
      • この電子インジケーターとアンプは、固定治具のアラインメント測定を行うオペレーター用です。インジケーターの分解能は 0.1 μm (5 micro インチ) で、UPX ディスプレイに表示されます。フルレンジは +/- 0.25 mm (0.010 inch) です。ゲージヘッドには、操作性向上のためにマグネットをがつけられ、プローブ先端モーションは上下の両方向を検知できます。
    • Ultracomp
      • このシステムには、ゲージ、増幅器エレクトロニクス、および操作盤で実行されるソフトウェア向けに搭載された空気軸受け LVDT 電動変位計が含まれています。ゲージは加工機軸を使うことでワークピースのスキャンに使用されます。測定された表面は、プログラムされた動作と比較され、エラープロファイルが作成されます。次に加工プログラムからエラープロファイルを除き、補正後に、軸対称の反復エラーをほぼすべて削除して、その後の加工プログラムがパーツを作成します。ダイヤモンド切削加工または研削いずれかと使用するためにUltracomp 取付治具の提供が可能です。T 字型ダイヤモンド切削加工取付治具。幅狭型ダイヤモンド切削加工取付具。垂直スピンドル切削と使用する取付治具。小型回転 B 軸と使用する取付治具。小型でブレークアウェイ機能付きの取付治具
    • ツールホルダー /フすくい角シブルスタイル
      • ツールホルダー /フすくい角シブルスタイル このツールホルダーは 弊社 独自設計で、使いやすさと調整のしやすさの点から多くのお客様から好評を得ています。。背面にある差動ねじは、曲げ固定治具の使用によりツール高さを微調整するために回転します。工具は差動ねじを使用して 0.014 inch / 0.35 mm 高さを調整されます。さらに、高さ調整の範囲を 0.50 inch / 12.5 mm に増やすために再度取り付けられます。
    • ツールホルダー / スライドスタイル
      • ツールホルダー / スライドスタイル このツールホルダーは 弊社 独自設計で、使いやすさと調整のしやすさの点から多くのお客様から好評を得ています。。様々な用途用にツールノーズの長さには 2 種類あります。ツールキャリアの高さを直接調整するために差動ねじが使われます。工具は差動ねじを使用して 0.014 inch / 0.35 mm 高さを調整されます。さらに、高さ調整の範囲を 1.0 inch / 25 mm に増やすために再度取り付けられます。
    • ツールホルダー / デュアルスタイル
      • ツールホルダー / デュアルスタイル このツールホルダーには 2 つの工具がありますが、通常の 1 つのツールホルダーのスペースしか使用しません。これは典型的には直径 25 mm 以下の小型ワークピースに使用されます。2 つの別のツールキャリアの高さを直接調整するために差動ねじを使用します。それぞれの工具は差動ねじを使用して別々に 0.014 inch / 0.35 mm 高さを調整されます。さらに、高さ調整の範囲を 0.5 inch / 12 mm に増やすために再度配置されます。
    • タレットタイプツールホルダー – Nanoform 700 ultra
      • タレットタイプツールホルダー – Nanoform 700 ultra このツールホルダーには 4 面があり、それぞれがワークスピンドルの方向に向いています。各側面は 1 つまたは 2 つの工具を取付け可能です。。側面間の回転はオペレーターが手動で行います。
    • ツールホルダー / 3 軸調整可能 – Nanoform 700 ultra
      • ツールホルダー / 3 軸調整可能 – Nanoform 700 ultra このツールホルダーには、X、Y、および Z 方向に調整可能な 3 軸が備わっています。これらは工具先端を回転 B 軸の中央線上に正確に配置するために必要です。これは仮想センタリングソフトウェアがマシンになく、仮想センタリングツールホルダー / 3 軸調整 - Nanoform 700 ultra と合わせて使用するためのオプションである場合に必要です。
    • 150mm スウィングフライカッターヘッド
      • 150mm のスウィングフライカッターヘッド このツールホルダーは SP-150 ワークスピンドルに取り付けられます。ワークスピンドルの工具を回転することで、フライカッターが作られ、一回転で固定された平坦表面をダイヤモンドフライカットします。回転 B 軸または Ultradex 標識ユニットと一緒に使用すると、多角形表面もフライカットできます。このヘッドにある工具はすくい角およびロール角度両方の調整が可能です。
    • 観察用カメラおよび 液晶液晶モニター
      • ズームレンズ付きのカメラはセットアップするため、マグネットを使用しています。イメージは独立した 15 インチ 液晶カラーディスプレイに表示され、加工機のセットアップまたは操作には影響しません。視野フィールドはズームレンズにより約 2 mm から最大 8 mm まで変更できます。動作距離は 90 mm です。
    • LVDT ツールセッター / ダイヤモンドツール LVDT ツールセッターに垂直または水平 / 砥石車向け単一水平
      • LVDT ツールセッター / ダイヤモンドツール LVDT ツールセッターに垂直または水平 / 砥石車向け単一水平 垂直および水平接触タイプのツール設定ステーションは、0.4µm (10µ”) の精度でツール高さと半径を設定可能です。ツールセッターはスピンドルの上部で高い再現性を備えたキネマティックマウントを使用しています。ゼロ位置ノブにより、オペレーターはツール高さプローブのデジタル読み出しを null にできます。4 桁のディスプレイにより、オペレーターは手動でツール高さを調整して工具をスピンドルの中心線の高さに配置することができます。工具は複数の位置で自動的にプローブされ、コントローラーが関連データを取得し、工具半径や X オフセット位置を正確に計算します。
    • LVDT 前面プローブ
      • LVDT 前面プローブ 水平の、接触式プローブが Z軸または B軸テーブル上 卓上にあるツールホルダーに沿って取り付けられています。これは、オペレーターの介入なしに、ワークピースの位置を決めるために使用します。加工は「ドライカット」不要ですぐに開始できます。
    • 追加のスプレーミストノズル
      • 追加のスプレーミストノズル 加工機に標準での 2 本のノズルがついており、さらに2本のノズルで追加することが可能です。それぞれのノズルは、個別に操作できます。この操作には、エアの流量、ミストの流量を含みます。
    • SP-150 ワークスピンドルに取り付けられた 3C コレット
      • SP-150 ワークスピンドルに取り付けられた 3C コレット このコレットアダプタは標準の 3C コレットがとりつけられます。コレットはばね力を使用してクランプし、スピンドルからの空気圧を利用してクランプ解除します。
    • 振動中央寄せソフトウェアアップグレード
      • 振動中央寄せソフトウェアアップグレード ソフトウェアアップグレードは回転 B 軸と一緒に使用されます。これにより、B 軸の中心線近くの位置を選択し X および Z 軸を B 軸の回転と協調した動作で動かせるので、選択した位置は、B 回転の中心線であるかのように回転します。これは工具半径の端または中心、あるいは切削ホイールの刃先である場合があります。このソフトウェアをアップグレードすることで、B 軸への工具のセットアップが簡単になります。
    • 回転 B 軸ラジアルエラー補正
      • 回転 B 軸ラジアルエラー補正 B 軸半径方向エラー使用は卓上より 1 インチ高い時点で 4 μインチです。コーニングエラーの仕様は高さ 1 インチあたり 1 μインチで、このエラーモーションを切削高さにおいて 4 マイクロインチよりも多くなる場合があります。この手順は、スピンドルの中心線での回転 B 軸の半径方向エラーモーションを測定し、B 回転時に X および Z 軸の動作を使用することで上記エラーを最小化するためのソフトウェア補正を実装します。基本エラーモーションおよびコーニングエラーはスピンドル中心線の高さで 2 マイクと未満に減らされます。
    • ファストツールサーボ FTS 70 300 g の
      • ファストツールサーボ FTS 70 300 g’s ファストツールサーボ FTS 500 20 g’s ファストツールサーボ FTS 1000 20 g’s ファストツールサーボ ( FTS ) は小型 (1000um まで) 自由曲面部品と微細構造部品の高速加工に使用されます。FTSは、ダイヤモンド工具を装着し、短いストロークを持つアクチュエータを製品で、Z軸に取付可能です。このアクチュエータは圧動電気スタックまたは、クローズドループの位置フィードバック付きリニアモーターにより駆動されます。専用の信号プロセッサを使用することで、ツール位置はワークスピンドルの回転位置や直線時軸の位置に基づいてリアルタイムで計算され指令されます。この指令は FTS コントローラーに送信され、それがサーボループを閉じてツールを適切に動かします。
    • マシン内部の熱交換機(冷却器オプション必須)
      • このオプションは、加工機の内部に水から空気への熱交換機を搭載しています。冷却器からの冷却剤が熱交換機の中を循環し、空気は小型ファンで循環します。このようにして、加工機内側の空気の温度は安定するので、加工機の温度が安定します。
    • 除振システムアップグレード
      • 除振システムアップグレード Nanoform 250 には標準でゴム製絶縁体がついていますが、自動レベリングデュアルチャンバータイプにアップグレードすることが可能です。これは、マシンがプレス機、圧縮機、鉄道の近く、または建物の上階など、通常の床振動以上が場所に使用される場合に推奨します。
    • 線形溝切りアクセサリ – Nanoform 700 ultra
      • 正弦プレートが高さ(カットの奥行)調整のためにワークスピンドルの下に取り付けられています。これは手動またはステッパーモーターにより駆動されます。用途に応じて、Z 軸テーブル上面卓上、大型回転 B テーブル、または小型回転 B テーブルいずれかでワークを保持するために、先端のみ、または先端+傾斜プレートを使用できます。これは正弦プレートなしで、かつワークピースの下に高さ調整ツールがある状態でも提供できます。この場合、ワークピースは、高さ調整可能な支持 3 点を使用して、高さ、先端および傾斜を設定できます。
    • LED タスクランプ
      • LED タスクランプは、熱影響が少なく、ワーキングゾーンを照射します。このライトのアームは、自由に姿勢を変えることが出来て、加工機筐体に取付けられてています。これにより、オペレーターが望む方向を照射できます。不要な場合は、ライトを切るスイッチがヘッドにあります。
    • 遠隔ジョグペンダント
      • 遠隔ジョグペンダント このジョグペンダントにより、オペレーターは加工機から離れていたり、向き合っていない時でも、セットアップをすることができます。安全のために、遠隔操作で使用中の場合は、主操作盤は使用できません。リモートペンダントが使用中であることを示すライトが主操作盤ついています。リモートペンダントで使用できる機能はは、非常停止、、持続的および増分軸ジョグ、ジョブ増分サイズ、シフト選択です。
    • 取り外し可能ハードディスクドライブ
      • 取り外し可能ハードディスクドライブ この機能により、含まれているファイルを保護するためにロックする必要がある場合、またはハードドライブ故障時に二番目の重複ハードドライブを直近のバックアップとして維持できる場合に、ハードドライブを取り外すことが可能です。
    • パーツプログラミングソフトウェア
      • パーツプログラミングソフトウェア 弊社 は加工プログラムを作成簡単に出来るように、点群作成ソフトウェア (DIFFSYS) を販売しています。このソフトウェアは様々な形状で利用可能で(非球面、回析、自由曲面)さらに、測定補正フィードバック機能付きあるいは無しで利用可能です。費用は必要な機能によります。2D ツールパスのプログラミング用の DIFFSYS ベーシックバージョンには Windows インターフェースが含まれています。
    • 50,000 RPM 空気軸受けツールスピンドル、横型取り付け
      • 50,000 RPM 空気軸受けツールスピンドル、横型取り付け この構成は深い凹型の切削向けに設計されています。回転 B 軸と一緒に使用されるこのシステムには、電動スピンドル、ホイールドレッサー、さらに 回転 B 軸に水平または 45º 下向きのいずれかのツールスピンドル取付具が含まれています。液冷式加工機については、Nanoform 250 研削加工機をご覧ください。
    • 50,000 RPM 空気軸受けツールスピンドル、45度から縦型までの取り付け
      • 50,000 RPM 空気軸受けツールスピンドル、45度から縦型までの取り付け この構成はホイールシャンク干渉問題があるユーザー様向けに設計されています。スピンドルを垂直から傾けることで、凹型パーツの切削時により大きなシャンクを使うことができます。垂直近くで使用するには、回転 B 軸を使用しても使用しなくても、使用できます。垂直から 15 度以上を傾ける場合は回転 B 軸の使用してください。液冷却器とは一緒に使用できません。液冷却式加工機は、Nanoform 250 研削加工機をご覧ください。
    • 15,000 RPM 電動ツールスピンドル(垂直)
      • 15,000 RPM 電動ツールスピンドル(垂直) 高剛性の、DC モーター駆動、空気軸受けスピンドルは Z 軸にあるブラケットに垂直に取り付けられています。これにより、ガラス光学部品の研磨、スチール製鋳型の研磨、またはスパイラルフライス加工ダイヤモンド旋盤材料の研磨が可能です。ツールスピンドルは直径 127mm までのホイールサイズを格納でき、最高 15,000 rpm の可変双方向速度で使用可能です。これは固定具の準備のために固定ダイヤモンドツールホルダーと共に使用したり、または研削とダイヤモンド切削加工を簡単に切り替えるて使用できます。また、Ultracomp 表面計測プローブと使用するための専用の脱着式治具もあります。水冷可能な加工機について、Nanoform 250 研削仕様の加工機をご覧ください。
    • 80,000 RPM タービンツールスピンドル / 水平、45、垂直
      • 80,000 RPM タービンツールスピンドル / 水平、45、垂直 この空気軸受けタービンスピンドルは柔軟な取付具の上に取り付けられていて、スピンドルと一緒に水平、垂直、または 45 度の下向き傾斜位置に再構築できます。スピンドルは必要な場合に作業により良くアプローチするために垂直軸の周囲で回転することも可能です。B 軸を使用しても使用しなくても使用できます。液冷却式加工機は、Nanoform 250 研削加工機をご覧ください。
    • 60,000 RPM タービンツールスピンドル / 水平
      • 60,000 RPM タービンツールスピンドル / 水平 この空気軸受けタービンスピンドルは柔軟な取付具の上に取り付けられていて、スピンドルと一緒に水平、垂直、または 45 度の下向き傾斜位置に再構築できます。スピンドルは必要な場合に作業により良くアプローチするために垂直軸の周囲で回転することも可能です。B 軸を使用しても使用しなくても使用できます。液冷却式加工機は、Nanoform 250 研削加工機をご覧ください。
    • 浸水冷却剤ポンプおよびタンク
      • 浸水冷却剤ポンプおよびタンク 加工機での水ベースの研削冷却剤の使用のセットアップ向けに、このシステムにはリザーバー、ポンプ、5 μmのフィルター素子付きのフィルターハウジング、マグネット付きの冷却剤配送ノズル、さらに接続ホースがあります。加工機の付属コンセントをオンにした状態で、加工プログラム内M コードを使用して、付属コンセントのオンとオフに切り替えることができます。2 種類のリザーバーサイズ (6 gal、15 gal) と、2 種類の供給電圧 (115VAC、230 VAC) を利用できます。50 Hz と 60 Hz 両方の周波数が使用できます。
    • ACT ソフトウェアアップグレード
      • ACT ソフトウェアアップグレード 垂直適応制御技術 (ACT) ソフトウェアは、特定の機械加工タスクおよびマシンで稼働しているワークピースのサーボ制御パラメーターをリアルタイムで継続的に調整します。ACT は繰り返されるエラーの原因を積極的に減少します。ACT のメリットは高速移動を伴う機械加工で最も分かります(例えばスローツールサーボ)または、連続的に変化する加工条件(例えば、STS 加工時のパーツ全体の一定しないスピンドル RPM など)オプションのC 軸割出機能との使用を推奨しますので、スピンドルに C 軸割出機能がない場合は使うことが出来ません。
    • 温度制御 – Nanoform 700 ultra
      • このユニットは 弊社 マシンの機械加工ゾーンの内側の空気温度を循環し、フィルターし、制御します。空気調節ユニットからの冷たい空気は、マシンから戻ってきた空気と混合した後、厳しい温度制御要件を満たすために加熱されます。PID 制御ヒーターは設定点を最適な制御安定性に維持します。空調設備からの排気熱は、加工室の温度に影響しないよう、天井に配管することができます。空調設備からの排水は収集し、エンドユーザーにより処理する必要があります。気流は加工機筐体を加圧し、隙間から風が入るのをを防ぎます。温度は 加工室全体で+/- 1.1 Cで 制御されている場合、+/- 0.1C に制御されます。
    • 冷却剤覆い – Nanoform 700 超
      • 切りくずと冷却液を加工機内に散乱させないように、2重のシュラウド(覆い)があります。これは主に結晶材料のダイヤモンド切削加工に使用されますが、他の材料も同様に含むことができます。シュラウドの上半分は、パーツにアクセスしたり、ツールセッターを使用するために取り外し可能です。シュラウドには大きな開口部があり、複数のツールをで、粗加工や仕上加工が可能です。
  • アプリケーションノート +


    自動車ヘッドランプ成形用レンズアレイの高速加工
    ニッケルメッキスチール上のレンズアレイの高速加工のデモ



  • パンフレット +